別荘中心に考える住環境

バナー

別荘中心に考える住環境

別荘と聞くと誰もがまずお金持ちという言葉を思い浮かべます。


本宅ですら持つことの大変な日本でセカンドハウスを持ち、維持していくのは相当な収入が必要に感じます。

実際に別荘地と呼ばれるところを訪れてみると、高級車で移動されている方も多く、暑い時期やウィンタースポーツの時期だけをそこで優雅に暮らしていらっしゃる方も多いので、とても庶民には手の届かないものという印象が強いです。

軽井沢の別荘に対する期待が寄せられています。

ですが、少し発想を変えて考えてみると、もし余暇の時間を充実して過ごしたいと考えるなら、ウィークデイを過ごす自宅は眠る時間を除いて考えるとそこで過ごす時間も短いので、安いアパートなどを借り、週末は自宅より少し郊外の環境の良い別荘で過ごすという考えもできるのではないかと思います。

通勤に便利な場所は家を買うにも半端な額では手に入りませんが、別荘であれば郊外なので多少地域をはずすだけで格安な物件も出ています。



そこから通勤するわけではないなら少し外れた場所でもなんの問題もないのではないかと思います。



かえって静かな環境で平日の疲れを癒せて良いのではないでしょうか。

別荘だからとパーティーをしたり、贅沢な物件を手に入れようと思わなければそういう住居の持ち方もできるのではないでしょうか。のんびりした生活に憧れを感じるなら、思いきってそういう発想でセカンドハウスに力を入れ、休日の過ごし方を中心に住環境を整えるという違った発想もいいかもしれません。

Copyright (C) 2016 別荘中心に考える住環境 All Rights Reserved.